寝方

c-lumbago12.jpg腰痛に悩んでいる人の大半は、夜寝るとき、仰向けに眠ることが辛くなります。

 

これは、腰痛の原因とも関係しており、仰向けになることで、
大腰筋が引っ張られ、緊張状態になるためです。
この状態になると、腰椎が圧迫され、
寝ているときに、かなりの負担を感じることになります。

 

pain32.jpg
しかも、睡眠は、長時間にわたるので、その分、痛みも増し、
ゆっくり眠ることができません。

 

そうなると、精神的にも参ってしまって、腰痛だけでなく、
鬱になる恐れもあるので、注意が必要です。
そこで、腰痛の人にお勧めの寝方をお伝えします。

 

 

腰痛の人にお勧めの寝方

まず、エビのようにまるくなって、横向きに寝ると、腰の痛みが緩和できます。
このとき、膝に枕や座布団などを入れて寝ると、より楽になることでしょう。

 

koshi1.jpg

 

そして、仰向けになる時は、両方の膝を立てて寝ると、腰の痛みが和らぎます。
あとは、腰とお尻にバスタオルをあてて寝る方法も、お勧めです。

 

これは、人によって腰のカーブが異なるので、
自分でちょうど良い状態になるように、調節しましょう。

 

 

このように、寝方を少し工夫することで、痛みを緩和したり、
腰に違和感を感じることなく、眠ることも可能です。

 

pain33.jpg
その他、起きているときにはさほど気にならなくても、
横になっていると腰が痛む人は、
腰や骨盤に不具合が生じていたり、
関節の変形が起こっている場合も考えられます。
ですから、そういった場合は、病院を受診したり、
専門医に相談することをお勧めします。


 

 

体の中から改善!潤滑・軟骨成分をバランスよく配合したサプリ!

寝方関連ページ

座り方
ストレス
姿勢
便秘
下痢